So-net無料ブログ作成
検索選択

外国人妻たちのクリスマス [ライフ]

今年はクリスマスから年末の10日間、夫の実家で過ごしました。前回触れたとおり、彼の故郷はとっても田舎。私はドイツに住んだことがないので会う友達もいない、テレビ雑誌もドイツ語でわからない、外は寒くて散歩にも滅多に出られない、インターネット接続もない。。。とナイナイ尽くし。今回は英語の雑誌2冊、日本語の本2冊、日記帳がお友達。子供が生まれる前は、近所(といっても車で20分くらいかかる)のショッピングセンターで<クリスマス刺繍セット>を買い、キッチンの隅のテーブルで、ひたすらクロスステッチをしていました。

こんな非社交的なヨメは私だけかと思いきや、結構、国際結婚カップルの事情は似ているようです。フランス語圏のカナダ人と結婚しているニュージーランド人の友達も、<今年は彼の実家でクリスマスだから、あんまり楽しみじゃないのよね。。他のみんながフランス語で話してる中にいると、自分が宇宙人みたいな気がするわ。気がつくといつも、一人で他のこと考えてるのよねー。>とぼやいていました。彼女は白人で英語がネイティブ。フレンチカナディアンは、みんな英語を話せそうで、私から見れば彼女がそんな疎外感を持つとは意外ですが、やはり彼らも親しい友達や家族が集まると、フランス語で話すそう。<フランス語を話す人と結婚してると言葉もすぐに覚えると思われるけど、イギリスで英語で生活してるんだから、そんなに簡単じゃないわ。。。>。。。そうそう、同感です!

また、ご主人がイギリス人の日本人女性も、旦那様の実家ではほとんど編み物をして過ごすと言っていました。一応英語ができても、やはり家族や昔からの友達が集まっておしゃべりが盛り上がると会話についていけず、かといって部屋に引きこもると<彼女どうしたの?>と気を使わせてしまう。同じ部屋で編み物をしていれば、一応お互いの様子もわかるし、自分も何かできる。。。というわけです。私が時々チェックしていたインターネットの国際結婚サイトでも、ダンナの実家での過ごし方のトピックで<編み物>という回答を見つけ、みんないろいろ考えてるのねー、と思いました。

クリスマスホリデー、国際結婚カップルの妻達は、それぞれの国で、どんな時間つぶしをしていたのでしょうか。。。。。

私の夫は、というと、日本に3年住んでいて日本語もできるので、一人でビックカメラやさくらやなどお気に入りのお店で買い物したり、日本人の友達と居酒屋に行ったりして、楽しそうに過ごしています。うらやましい。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。