So-net無料ブログ作成
検索選択

英国風クリスマスカードの習慣 [ライフ]

先週土曜日、クリスマスカード第一便30枚を発送しました!これは私にしてはかなりの好スタート。日本にいた頃の年賀状に至っては、クリスマスが終わってから書き始め、仕事納め後の29日からがラストスパート、という感じで、ましてやクリスマスに間に合うようにカードを書く、なんて、今ひとつ年末気分が出ないというか、気合いが入らないというか。。。

英国の皆さんは、クリスマスに関しては、かなり気が早いです。(何かの修理やら手続きは異様に時間がかかるのに。。。)
我がフラットの上階のマダムさんはとても交友関係が広いらしく、12月の声を聞くと同時に毎日5−6枚のカードがポストに入りはじめ、20日頃には毎日10数枚は届いているような感じです。(ちなみにバースデーもお花とカードがすごかった)昨年は200数10枚書いた、とおっしゃっていました。こちらは、届いたカードは暖炉の上や飾り棚に飾っておくのですが、あんなに届くと飾るところもないのでは。。。と他人事ながら不思議です。

安いものはスーパーで、50枚入り一箱250円くらいから、あとは少し凝ったハンディクラフト風のもので1枚4−800円くらいするものまで、様々なカードが売られています。イスラム教を始め、様々な宗教の人が住む国らしく、Merry Christmas と、キリスト生誕を祝う言葉を避けて Season's Greetingsというメッセージのカードもあります。

こちらに暮らして5年、たくさんのカードをいただきましたが、日本の年賀状に比べ素っ気ないこと!
日本の、官製年賀状や家庭で印刷した年賀状も、手書きのメッセージがないと少々ガッカリですが、デザインや、写真などで、送り主のセンスとか生活の雰囲気が伝わってきます。
それに比べ、こちらはカードの絵自体はそれぞれに華やかなのですが、などと 印刷してあるメッセージの左上に, 右下に送り主のサインのみ、というのが大多数で、手作りのものや、日本でありがちな家族あるいは本人の写真入り、というのは1枚しか受け取ったことがありません。 また、このサインというのがくせ者で、親しければわかると思っているのか、住所も名前も書かず、ぐちゃぐちゃっとしたサインだけの場合も多々あり、<。。。っていうか、あなた、誰。。。。?>ということも。。。。 同じフラットに住む人同士も、多くの人がバカンスに出かける前の20日頃には郵便受けにカードを入れます。最初の年、この習慣を知らずに、何もしないまま早々とドイツに出かけてしまい、帰国したら近所中の方からのカードが入っていて、ちょっと恥ずかしい思いをしました。 よく会う友人や職場では、<はい、カード!>といって手渡しされることも結構あり、驚きました。切手代節約、ってことなのでしょうか?職場では、日本のように上司には必ず。。というよりも、同じ島(日本企業だったので)の人プラス、親しく会話をする人に、手渡したり、デスクに置いておいたりします。 年が明けると、大型スーパーには<クリスマスカードリサイクルボックス>が置かれ、カードの束を持って来た人がバッサバッサと捨てていきます。私は、年賀状はハガキ用クリアファイルに年ごとに保存して、次の年に参考にしたりするので、12月末までにもらったカードを1月に捨ててしまうのは、抵抗あるのですが。。。 数はこなすけど、あまり思い入れはない、というのがイギリスのクリスマスカードでしょうか???  


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 1

コメント 3

みなみ

たてつづけに失礼します。行を追いながらふむふむと感心することばかりです。
Season's Greetingsという言葉の奥にこめられた意味を、改めて知りました。
クリスマス前にイギリス人のお宅にお邪魔したところ、「ほぅら、こんなにカードが届いたんだよ」と壁に賑やかにつる下がっているカードを嬉しそうに見せて
くださり、あぁ、年賀状も(クリスマスカードも)すぐにしまってしまうのはもったいないなとその時感じました。

日本の年賀状はひとつの立派な文化だと思います。思い入れも強いですよね。しかしPCの普及により日本でも変化しつつあるのが現状でしょうか…。
メッセージと宛名は手書きにしようと考えつつまだ取りかかっていないのでした。
by みなみ (2005-12-17 14:05) 

Spass

今週ドイツに出発するので大急ぎでカードを書き終わりました!

毎年少し残念?なのが、年賀状は意外な人からもらうのがちょっと嬉しかったりするのに、日本への友達へはこちらからクリスマスカード、向こうからは年賀状(つまり、私のカードを見た返事)となるので、私が出さなければ年賀状くれなかったのかも。。。とチラっと思ってしまうこと。

日本に住んでいたとしても昔からの友達全員とずっと連絡をとりあうことは不可能なのでしょうが、海外生活だと一時帰国で会える友人の数も限られているし、こちらからカードを出さないと、年賀状の数も減る一方のような気が。来年もがんばって書こうっと(笑)。
by Spass (2005-12-18 23:02) 

みなみ

出発のご準備でお忙しい中、沢山のお返事ありがとうございました。
年賀状にまつわるテーマ?は様々ありますね。

友人も自分も環境の変化により関係も変化することがありますよね。
クリスマスカードをいただいたご友人はとても嬉しかったと思いますよ。
その気持ちを年賀状にお込めになったと思います。

手紙のやりとりも減りつつある中、クリスマスカードや年賀状は、
年に一度の貴重な気持ちの交流ですね。
by みなみ (2005-12-19 10:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。