So-net無料ブログ作成
検索選択

玉石混淆、チャリティーショップ [ライフ]

先週から最低気温が突然0度近くに下がったロンドン。朝起きると、窓の外は霧と霜で真っ白。。。クモの巣も凍って白いネットがはっきり見えるし、紅葉した葉も周りを縁取るように白く凍っています。

慌てて冬の厚手のコートセーターを出したついでに、夏物を整理し、チャリティーショップに持っていきました。このチャリティーショップ、イギリスで珍しく(?)いいなー、と思ったものの一つ。売られているものはほとんど寄付でまかなわれており、例えばTシャツが400円くらいから、服だけでなく、靴、バッグ、本、レコード、CD、ビデオ、食器、開けていない化粧品や香水、などなど、コンディションは<え、こんなのも売っちゃうの?>というようなものが多いのですが、ありとあらゆる品物が並んでいます。売り上げは、がん研究や子供のホスピスなど、ショップを運営する団体に還元される仕組みです。我が家の近くの駅周辺だけでも、三軒のチャリティーショップがあります。
素人目にはガラクタ(失礼)だかアンティークだか見分けはつかないのですが、チャリティーショップで200円で買った花瓶が、実は大手メーカーのレアなアンティークで、オークションで数百倍の値段がついた、などという新聞記事もときどき見かけます。主人は、コレクションしている古いジャズのレコードを見つけて喜んでいました。

私が持っていったのは、夏用の帽子(いかにも日本のママがかぶりそうなノッポさん帽、ここ数年かぶらなかったので)、ユXクロのTシャツ2点、カットソー、マーガレットハウエルの赤い合皮のハンドバッグ。Tシャツ(しかもユニXロ)やカットソーを寄付なんて嫌がられないかしら。。。。という懸念をよそに、<Thank you!>と笑顔とともにあっさり引き取ってもらい、なんだかいいことをしたような気分になりました(笑)。

我が家のエリアは、割と裕福な人が多いので、マダムが放出するブランドもののバッグやドレスが並ぶこともあるようですが、私はまだチャリティーショップでのお買い物をしたことはありません。今度、自分のものが並んでいるかチェックしがてら、もう少しよく探してみようかな。。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

ikkoy

はじめまして。私は5年くらい前に、イギリスから日本に帰国しました。帰国した当初は、せいせいというか安堵感がしていたのですが、最近、イギリスが恋しくなってきました。
 とにかくテムズ川が好きで、ビッグベンあたりの広いところから、リッチモンドあたりの狭いところまで、川岸を歩くのがお気に入りでした。これからもイギリスの様子を教えて下さい。
by ikkoy (2005-11-23 16:19) 

spass

はじめまして、ikkoyさんコメントありがとうございます。<せいせいというか安堵感>。。。とても想像つきます(笑)。イギリスは日本でやたら良いイメージですが、暮らすと要らぬところでとてつもない時間とエネルギーを費やしますよね。。。でも、いろいろ苦労があるからこそ、この国を離れたら逆に懐かしく思うのかも?という気がしています。我が家のリビングからテムズ川を見下ろしつつ、書いています。また興味がある記事があれば読んでいただけると嬉しいです。
by spass (2005-11-23 21:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。