So-net無料ブログ作成

大使館パーティー

大使館パーティーに出席。アタイアは<ストリート>。。。。?聞いたことないぞ、とりあえずブラックタイではないのね、と思い、ここ数年のパーティー服、光沢のある黒のドレスにベトナム製青と緑のショール、ちょっとトレンドをミックスする意味で、ハロッズのセールで購入したアンティーク風ブローチをつけて出席。夫はビジネススーツ。
いざ行ってみると会場はロンドン随一のゴージャスエリア、ベルグラヴィアスクエアの白亜の建物(エントランスはギリシャ風の大きな柱)で少し気圧されるものの、ジーンズの人もいて、割と気楽なカクテルパーティーで、大使のスピーチと国歌斉唱以外はみんな勝手にしゃべっているという感じ。

こういうパーティーでは、どんなに多くの人がいようと(というか、人が多ければ多いほど)、少しの人と限りなく無難なスモールトークをして終わってしまうのが常。。。また、ウルサイ中で、みな英語かドイツ語なので、(わたしにとっては)大声で話さないと会話を続けられないので、話しながら<さっきつまんだカナッペの匂いがしないかしら?>などと余計なことも気になり、気づくと夫に会話を任せっぱなしということも。。
今日お話したのは、アートディーラーのマダム(翌日バッキンガム宮殿の晩餐会に招かれてる、と嬉しそうだった)、ケンブリッジ大学の哲学教授、バンカーのカップル、夫の母親の友人である大使館スタッフなど。

そうそう、アジア人には会わないだろうなァ。。と思っていたけどいたのです!一人、中国系らしき女性が。そばで聞き耳を立てていると(笑)、流暢なドイツ語で、現地で生まれ育った人のようでしたが、年も近そうだし、話してみたいなーと思いつつ、きっかけがつかめずじまい。パーティーではいつもこの種の後悔が。。いつかリラックスして楽しめるようになりたい。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。